在宅ワークの応募が殺到中!?そんな今だからこそマネコンがお勧めできる理由

在宅ワークの応募が殺到中!?そんな今だからこそマネコンがお勧めできる理由

僕の友人が在宅ワークを探している最中なのですが、何十社と応募しているのになかなか決まらないという話を聞きました。一昔前では考えられないほど働き方に対する考え方が変化しているように思います。

親の世代だと在宅ワークは安い賃金で単純作業をする「内職」というイメージが強いようですが、これからは当たり前のように家で働く人も増えてくるかもしれません。

今回は在宅ワークの種類とマネコンがお勧めできる理由について話したいと思います。

マネコンの公式サイトへ

在宅ワークの種類

今回在宅ワークの募集について調べてみると、こんな職業も在宅で!?とびっくりするような職種もありました。

それでは現在どのような職種の在宅ワークが募集されているか、代表的な例を見ていきたいと思います。

昔から定番の内職

内職と聞いてイメージされる職種がシール貼りや値札付け、袋詰めなどでしょうか。仕事の流れとしては応募すると自宅に作業をするための段ボールが届くので、作業後送り返して給料の入金を待つという順番です。

単純作業が好きな方には向いているかもしれませんが、単価が1円未満から数円のため数をこなさないとなかなか稼ぐのは難しいと言えると思います。

PCを扱うデータ入力やWebデザイン

作業内容は様々ですが、インタビューなどの記事を文字に起こしたりするデータ入力であれば専門的なスキルは必要ないようです。

スキルがある場合はプログラミングなどの職種もありますが、正直そんな手に職を持っている人は在宅ワークを探すことで困らないですね(笑)入力するスピードが収入に比例するのでやはり稼ぐにはスキルが大きく関わってきてしまいます。

友人はPCの扱いは慣れている方ですが、応募しても仕事が決まらないと嘆いていたので、採用基準も厳しくなってきているのかもしれません。

在宅コールセンター

これを知った時は衝撃でした(笑)僕はコールセンターで働いているので、在宅で電話対応ができる時代になったなんてかなり驚きました。

スキルと給与のバランスを考えると他の職種に比べて条件が良さそうな気もしますが、サポート体制がしっかりされていないと常に不安と隣合わせで仕事をしないといけないかもしれません。

稼ぐことはできても安心して働けるかは疑問が残るため、ストレスが増えてしまうという結果になる可能性があります。

全ての条件を満たしているのはマネコンだけ

代表的な在宅ワークを紹介していきましたが、リアルに家で稼ぐことが想像できるでしょうか?

本気で稼ぐにはやはりスキルがある前提の話になってしまいます。しかし心配することはありません。マネコンならスキルが無くても、ストレスを溜めずに稼げる方法を教えてくれます。

まだまだ知らない人が多いので一般的ではないかもしれせんが、今の時代に合った稼ぎ方だと僕は思っています。もちろん本業と併せて在宅で副業をしたい人にも自信を持ってお勧めできるのがマネコンです。

マネコンの公式サイトへ TOPページを見る